冷蔵と冷凍おせちをまず決める

おせち料理の選び方のコツの一つとして

冷蔵と冷凍おせちをまず決める

という方法があります。

 

数あるおせち料理の中から選ぶのは大変ですが
これを決めておくことで選択肢が半分になり
より素早く選び時間の短縮になるかもしれません。
 

忙しい方にこそおすすめしたい方法の一つです。

冷蔵おせちと冷凍おせちの違い

■冷凍おせちのメリット・デメリット

メリット

  • 賞味期限が長い
    調理後すぐに冷凍されるので賞味期限が長く、
    受取に失敗した場合でも後日美味しく食べることができます。
  • 盛り付け済みの物が多い
    冷蔵生おせちに比べて盛り付け済みのものが多く
    解凍後にそのまますぐ食べることができます。

デメリット

  • 風味が僅かに劣る
    冷凍状態を経由するため風味が多少落ちてしまいます。
    最近では冷凍技術が進んでいるため冷蔵との差は少なくなってきています。
  • 解凍する必要がある
    うっかり解凍を忘れてしまうと凍ったままなんてことも。
    届いてすぐ冷蔵庫などに入れれば大丈夫です。 美味しく食べるための解凍方法として、
    冷蔵状態でゆっくりと20時間ほどがオススメされています。

 

■冷蔵生おせちのメリット・デメリット

メリット

  • すぐに食べられる
    冷蔵状態の生で届くため、届いてすぐに開けて食べることができます。
  • 風味豊か
    調理されてすぐ新鮮な状態ですぐに配送されるため
    風味が豊かで美味しく食べることができます

デメリット

  • 賞味期限が短い
    調理後そのまま生の状態で届くため
    1~2日以内に食べる必要があります。
  • 盛り付けが必要な場合がある
    盛り付け済みが主流の冷凍配送に比べて
    冷蔵の生おせちは個包装タイプのものもあります
    食べる前に取り出して盛り付けが必要なお店も。
© 2018 おすすめの美味しいおせちランキング rss